消費者金融でお金を借りるときに押さえておくべきポイント

消費者金融は銀行と比較すると融資に対して積極的で、お金を借りることができる可能性が高い金融機関です。しかしいくつか押さえておくべきポイントがあります。
まず消費者金融では多くの会社が金利を高く設定しています。銀行と比較すると負担が増えてしまうことも多いため、借りすぎには注意しなくてはなりません。また、消費者金融は貸金業法の総量規制の対象です。収入がない人は借りることができませんし、他社にすでに借り入れがある場合も借入限度額が小さくなります。年収の3分の1以上の借入を希望する場合は銀行を選びましょう。
消費者金融は即日融資に対応しているところも多くあります。平日であれば銀行営業時間内に申し込み、審査、契約までを終わらせ、振込融資依頼を出す必要があります。遅い時間になってしまう場合は自動契約機を利用しましょう。自動契約機ではその場でカードが発券され、すぐにお金を借りることができます。会社によっては24時間振込融資に対応している金融機関がある場合もあります。
また、ATM手数料についても注意しましょう。消費者金融でお金を借りる場合、振込かATMを利用することができます。ATMでお金を借りるときと返すときに、ATM利用手数料がかかる会社が多くあります。特にコンビニATMは有料となっているところが多くあります。手数料がかからない自社のATMやグループ銀行のATMが近くにあるか確認してから契約をすると良いでしょう。
消費者金融ランキングはこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.